KOSTABODA

KOSTABODA(コスタボダ)とは1742年スウェーデン南部のスモーランド地方で設立されたガラス工場「コスタ」に始まります。

社名はスウェーデン国王カール12世配下の二人の将軍アンダース・コスクルとスタン・フォン・ホルステンの名前を組み合わせて作られ、ヨーロッパの現存するガラス工場の中で一番古い歴史をもち、その後、「ボダ」社との合併を経て71年社名を「コスタ ボダ」としました。

芸術性、カラー、デザインにおいて類を見ない特徴的なブランドとして世界にファンを持ち、スウェーデン王室の晩餐会でも使用されています。
現在も一流の芸術家である専属デザイナー達と熱練した職人達の息のあったチームプレーにより、北欧らしい芸術性あふれる製品を作り出しています。